根拠がある占いと無い占いの比較

根拠がある占いと無い占いの比較

根拠がある占いと無い占いの比較 占い自体は根拠が無いと見られがちですが、実際は根も葉も無い占いと「根強い学問に基づいた術」があります。電話占いの世界でもそれら二つの動きがはっきり見えるのが特徴的です。因みに霊能力は占いの範疇に入りません。該当するのは力を使う方の能力ですから、スピリチュアル系に入ります。

電話占いで霊視される方でも、タロットや風水を活用される場合があります。前者のタロットは残念ながら的中率が高いけれど根拠は薄いです。魔術の派生が一番近いと判断されるでしょう。やり方も22枚のカードも見方を変えれば根も葉も無い領域に入りますが、とにかく当たります。

風水を使う電話占い師は学問・術に基づいて相手をチェックします。これには生まれ年・干支などが分からないと占えませんが学問に沿っている為、的中率は非常に高いです。既に古代人が定めた法則に従って見ますから根強いところがあります。そこに霊能力が加われば最高な鑑定が成り立つでしょう。

電話占いを利用したがる人の心理には色々なものが考えられる

電話占いを利用したがる人の心理には色々なものが考えられる 大勢の若い人がスマホを持つようになっている昨今では、スマホを通して占いが受けられる電話占いを利用する人が多くなっています。その電話占いを利用したがる人の心理には色々なものが考えられるのですが、その中でも代表的と言えるのが、直接占い師と顔を合わせたくないというものです。占いを受ける際には、普段自分の心の中にしまってある気持ちをさらけ出すことが必要となる場合が少なくありません。占い師と直接顔を合わさないため、そのような状況でも恥ずかしさをあまり感じないで済むことが、電話占いの魅力だと思う人が多いのです。
また、周囲に誰もいないところで相談したいという心理もあると考えられます。占い師だけならまだしも、周囲にいる他のお客さんにまで自分の相談内容が聞かれてしまう恐れがあれば、占いを受けるのをためらってしまうので、その恐れがない電話占いを利用したがるのです。さらに、相談したいことが出来たらいつでも占ってもらえることも、その例の一つとして挙げられます。